HOME>Review>敷金ではなく原状回復工事をしてもらった人の声を参考にしよう

敷金ではなく原状回復工事をしてもらった人の声を参考にしよう

作業員

「原状回復工事って実際どうなの?」と考えている方はいませんか?ここでは、原状回復工事の体験談をまとめています。原状回復工事がどのようなものなのか、知ることができます。

みんなの口コミ

フローリングのへこみにも対応してもらいました[30代 女性]

以前、住んでいた家を引越す際に結構な金額を敷金から引かれてびっくりしたことがあります。その経験から、次に引越す時は自分で原状回復出来るものはやろうと考えていました。しかし、実際にその時になると、自力で出来ることは限られていると実感。特にフローリングに関しては、小さなキズくらいなら何とかなっても、へこみとなると話は別です。入居してからずっと同じ場所に置いていた本棚を数年越しに動かしてみたら、家具の足の形に丸いへこみが出来ていてショックを受けました。そこで、原状回復をお願いしようと決意。結構なへこみだったので元に戻すのは難しいかなと覚悟していましたが、きれいになって感激しました。おかげで敷金もそこまで取られることもなく、依頼して本当によかったです。

愛煙家なので、クロスの張替えを依頼しました。[40代 男性]

世の中は禁煙の流れですが、我が家は愛煙家の家庭。外で吸いにくくなった分、家では好きな時に好きなところで吸っていました。そんな生活をしていたので、当然ですが家の中は煙草のにおいが染み付いてしまっていました。引越しが決まった際、一番に気になったのはそのことです。入居時の契約書を見直してみると、「煙草による汚れがある場合は入居者が実費を負担する」との記述が。原状回復しようにも、こう部屋全体ににおいが付いていては手の施しようがありません。煙草のにおいのせいで敷金以上の多額の費用を請求されたケースもあると聞き、今更ながら顔が青くなりました。慌てて対策を講じようと色々調べた結果、クロスの張替えを依頼することに。実際に張替えてもらうと、自覚していた以上にヤニで汚れていたことがわかるくらいきれいな壁になり驚きました。においもかなり軽減され、心配していた多額の請求も免れました。もし張替えていなかったらどうなっていたかわかりません。引越しの際には、退去前に原状回復に努めることを強くおすすめします。