HOME>特集>入居時に支払った敷金で原状回復工事をしてもらうことも

入居時に支払った敷金で原状回復工事をしてもらうことも

リフォーム

敷金は退去時に現状回復に充てられることもある

不動産を借りる際に、敷金と礼金を支払うのが通常ですが、そもそも敷金と礼金にはどのような違いがあるのでしょうか。敷金とは家賃の支払いが不能になった場合に補償に当てるためであったり、部屋が汚されてしまったり破損されてしまったりした場合などにそれを修復するために使われるお金です。それに対して礼金とは借主が貸主に対して部屋を借りる際に支払われるいわゆるお礼という意味合いのお金です。つまり、礼金は一度支払ってしまえば借主に戻されることは原則としてありません。それに対して敷金は原則戻ってくるお金になりますが、退去時には借りた部屋をなるべく元の状態に戻さなければいけないという原状回復義務があり、そのために充当されることがあるのです。

男女と作業員

どのような作業例があるか

では借主は貸主に対して原状回復義務はどこまで負えばいいのでしょうか。基本的に経年劣化といわれる、住んでいて当たり前に劣化してしまう部分については借主は責任を負う必要がありません。でも例えばキッチンやトイレなどの設備を壊してしまったり、壁に穴を開けてしまった場合、壁紙がビリビリになってしまったような場合には入居した際の状態に戻す責任を負います。また、タバコのヤニなどで極端に壁紙が黄ばんでしまったり、匂いがついてしまった場合などについても原状回復義務を負わされることもあるようです。そしてそれは敷金を使って修復するわけですが、具体的には部屋の壁紙の補修や張替え費用、設備の修理費用などがあります。また、ハウスクリーニングについては原則として敷金を充当することはできませんが、特約をつけることによって充当されるということは多々あるようです。これらの費用を充当された後、残金が返金されるという流れになります。