HOME>特集>敷金がなかった場合には自分で原状回復工事を依頼しよう

敷金がなかった場合には自分で原状回復工事を依頼しよう

部屋

部屋の傷みをきれいに直す

賃貸物件を退去する際、借りていた側には原則として原状回復が求められます。原状回復とは元の状態に戻すことを言いますが、賃貸物件の場合、クロスや畳の日焼けなど通常に生活していて自然に起こり得る経年劣化は修繕しなくてもよいことになっています。入居した際に敷金を支払っている場合は、基本的に修繕にかかった費用を差し引いた額が返還されます。しかし敷金がなかった場合、修繕やクリーニング費用を請求される可能性があります。そのような出費を防ぐためにも、自分が入居してから付いてしまった傷や汚れを自分で直すことが大切です。最も多いのが壁に開けた画鋲やピンの穴、クロスの剥がれです。小さい物ならホームセンターなどで取り扱っている修繕キットで目立たなく修繕することができます。家具を置いていた部分の壁焼けや重さによる凹みも入居者に修繕の義務があります。自分で修繕できないものは、敷金より費用が抑えられそうなら業者に依頼するのも手です。水まわりやキッチンなど汚れが目立つ場所、網戸などなかなか掃除しない場所も汚れや傷みが残っていないかチェックが重要です。

リフォーム

作業は日にちに余裕をもって依頼しよう

原状回復がされているかどうかを管理会社の担当者がチェックする立ち会いは、全ての荷物を搬出した後に行います。引っ越しの予定がぎりぎりで荷物を搬出してすぐに立ち会いとなると、入居者本人も隅々まで汚れや傷みをチェックできないままになってしまいます。よって、引越しの予定は早めに計画を立て、次の居住地への荷物の搬出は早めに済ませ、家具や家電が一つも無い状態で隅々をチェックし、なおかつ修繕できるよう時間的な余裕を持って行動する必要があります。特に業者に修繕やクリーニングを依頼する場合、引っ越しシーズンだと予約が殺到して間に合わない可能性もあります。敷金がなかった場合の出費を抑えるためにも、早め早めの行動で修繕作業に時間を割けるよう心がけましょう。