HOME>特集

特集

部屋

原状回復工事に関する悩みを解決!きれいな状態に戻そう

原状回復工事を行う上で、主に住宅として使用していた物件と会社や店舗として使用した物件とでは、原状回復の義務範囲が異なる事があります。さらに工事の内容も違う為、それぞれの施工に要する技術やノウハウが必要になります。そんな背景もあるので、原状回復工事の業者は住宅を専門に扱っている業者、会社などの業

リフォーム

入居時に支払った敷金で原状回復工事をしてもらうことも

では借主は貸主に対して原状回復義務はどこまで負えばいいのでしょうか。基本的に経年劣化といわれる、住んでいて当たり前に劣化してしまう部分については借主は責任を負う必要がありません。でも例えばキッチンやトイレなどの設備を壊してしまったり、壁に穴を開けてしまった場合、壁紙がビリビリになってしまったよ

室内工事

原状回復工事を依頼する前に料金も確認しておこう!

賃貸の物件を契約した時に契約に原状回復工事をハウスクリーニングを契約に記載している賃貸物件もあります。賃貸物件が増えている現在、ハウスクリーニングを行う業者は数多くあります。そのためハウスクリーニングを良心的な料金で行ってくれる業者も増えています。どの業者を選ぶかでハウスクリーニングに掛かる料

部屋

敷金がなかった場合には自分で原状回復工事を依頼しよう

原状回復がされているかどうかを管理会社の担当者がチェックする立ち会いは、全ての荷物を搬出した後に行います。引っ越しの予定がぎりぎりで荷物を搬出してすぐに立ち会いとなると、入居者本人も隅々まで汚れや傷みをチェックできないままになってしまいます。よって、引越しの予定は早めに計画を立て、次の居住地へ