原状回復工事は専門の業者に依頼すると安心

部屋

原状回復工事に関する悩みを解決!きれいな状態に戻そう

住宅やテナントなどの店舗、オフィスを明け渡す際に生じる原状回復工事は、業者に施工してもらう内容、種類は様々にあります。また原状回復工事を施工する業者には住宅、店舗オフィスそれぞれを対象にした業者、両方の工事が対応可能な業者があります。

リフォーム

入居時に支払った敷金で原状回復工事をしてもらうことも

敷金は退去時に返金される性格のものですが、原状回復のための費用として充当されることがあります。経年劣化によらない傷や汚れや破損などを修復するために敷金が充当されることになり、ハウスクリーニングは原則として原状回復義務には含まれません。

室内工事

原状回復工事を依頼する前に料金も確認しておこう!

賃貸物件を契約する時に契約の内容に原状回復工事を契約の条件に入れている物件が多くあります。そのため賃貸物件から退去する際には、原状回復工事を行わなければいけません。

部屋

敷金がなかった場合には自分で原状回復工事を依頼しよう

賃貸物件を退去する際、修繕やクリーニングにかかった費用を差し引いて敷金が戻ってきます。敷金がない物件だと、その費用を丸々請求される可能性もあるため、原状回復を自分で行う必要があります。

原状回復工事をする前に知っておきたいこと

室内工事

飲食店や雑貨店などは店舗を購入するよりも、賃貸で利用している経営者がほとんどです。特に集客が多く望める都市部や商店街では、賃貸の方がオトクに利用できる可能性が高いといえます。しかし、賃貸で物件を利用していた場合、店舗を移動するときには、借りていた物件を借りる前の状態に戻す「原状回復」の作業が必要になります。賃貸期間中に設置していた設備や装飾をキレイに取り外さなければなりません。原状回復の作業は、素人が複数人でやるのが難しく、大きな手間と時間がかかってしまいます。原状回復工事が必要になった方は、自分でやろうとはせずに専門の業者へ依頼するようにしましょう。ここにあるコラムでは、原状回復工事を依頼できる業者のサービス内容や、依頼する前の注意点などを紹介しています。また、原状回復工事の体験談もまとめられています。これから原状回復工事を考えている方は、今のうちにここのコラムと口コミを読んでおきましょう。

Review

部屋

実際に原状回復工事をしてもらった人の口コミ

長く住んでいると家の中が汚れたり、あちらこちら修復しなければいけない箇所が出てしまいます。その際、原状回復工事をしてもらう事で、まるで入居した時の様なきれいで快適な部屋を手に入れる事が出来るでしょう。

作業員

敷金ではなく原状回復工事をしてもらった人の声を参考にしよう

引越しの際、部屋の状態にもよりますが、場合によっては敷金以上の金額を請求されることがあります。不当な請求を防ぐためにも、退去前に原状回復出来るものは自力で対処することをおすすめします。